1. TOP
  2. 活用シーン
  3. アフターサービスでのパートナー企業の支援に活用

活用シーン7

アフターサービスでのパートナー企業の支援に活用

これまでの製造業は「売り切りモデル」でのビジネスが主流で、サポートは顧客からの問い合わせを起点とした受け身で行うことが一般的でした。また、アフターサービス業務ではサービス担当者が現地に足を運んでサービスを提供する必要性もあるため、地域のパートナーに販売からアフターサービスまでを委託する企業も多くあり、パートナーとの関係性がますます重要となってきます。

パートナー との関係性を向上させるためにも、主業務となる現地での作業で、必要な情報や問い合わせ窓口にモバイル端末からいつでもアクセスできるようになれば、負荷が軽減されます。修理に関する情報や技術資料を動画で確認したり、担当者が現地で困った相談ができる仕組みがあるとさらに効果的です。また、これからのアフターサービスでは、顧客の利用環境や利用状況に応じた情報提供とサービス提案を継続的に行い、モノとアフターサービスの全体で価値提供してゆく必要があります。

以下は、アフターサービス業務において、製造業とパートナー の間でWin-Winの関係を築いていくための活用事例となります。

課題

コミュニケーションのこんなお悩みはありませんか?

解決策

CommuRingなら解決策があります

01

 

02

 

03

 

04

 

05

 

06

 

「CommuRing 」の活用前後の利用イメージscene_06_1300_600_ol.png

お役立ち資料

コミュニケーションを円滑にする資料を用意しています

CommuRingサービス紹介資料

CommuRingサービス紹介資料

CommuRingの概要や特長、活用シーンなど、サービスについてまとめたご紹介資料です。サービス情報の収集などにご活用ください。

取引先の信頼を築くコミュニケーションツール活用3つの秘訣

取引先の信頼を築くコミュニケーションツール活用3つの秘訣

本資料では、企業間コミュニケーションの重要性と課題を踏まえ、取引先向けツールの選び方と活用メリットを解説します。

取引先と円滑なコミュニケーションを促進するチェックシート

取引先と円滑なコミュニケーションを促進するチェックシート

本資料では、取引先とのコミュニケーションにおける現状抱えている確認ポイントをシーンごとにまとめ、チェック項目としました。

取引先やパートナー企業、顧客などの社外とのエンゲージメント最大化や
社内のコミュニケーション改善に課題のある方はお気軽にご相談ください。

検討に役立つ資料を無料で
ご利用いただけます
第17回ASPICクラウドアワード2023 「先進ビジネスモデル賞」を受賞!

関連リンク

IT情報メディアサイト

カスタマーサクセスツール

店舗運営管理ツール

フローチャートツール

株式会社ユニリタ